メイクアップアーティストになるための道

最近では、様々な仕事が人気となっていますが、その中でメイクアップアーティストになるためにはどんな道があるのでしょうか。メイクアップアーティストの夢を持っている人も年々増加しています。

メイクアップアーティストは国家資格が必要な仕事ではありません。ルートについても複数考えることがあり、最も一般的に言えるのは、美容・ヘアメイク専門学校やスクール卒業後、ヘアメイクプロダクションや化粧品会社、ブライダル会社などに就職するルートになっています。

ヘアメイクについて学ぶことが出来る学校・スクールの種類は様々なので自分に合った方法で自分の夢に向けて進んでいく事が出来ます。

・専門学校です。ヘアメイク専門学校や美容専門学校のヘアメイク科などです。学校法人の専門学校は履歴書等に書く学歴としても認められています。在学期間は2年制の学校が多く、ある程度時間をかけてヘアメイクの基礎から実践まで学んでキャンパスライフも満喫することが出来ます。

専門学校に通学する学生は、高校を卒業してそのまま入学する20歳前後の人が多いのですが、その他にも一度会社に出てからメイクアップアーティストへ転身を目指して入学する人もいます。美容師免許を取得するカリキュラムが組まれてい学校もあり、短時間でメイクアップについて学ぶ通信講座などと比較すると時間とお金が必要になってきますが、仲間と一緒に勉強することが出来るというメリットもあります。

・民間スクールです。専門学校ほどしっかりと通い続けることが難しいという場合には、週に1日~3日程度の通学で勉強することが出来るヘアメイクの民間スクールを選ぶ道もあります。日中は別の仕事をしながら夜間コースで学んだり、アルバイトと両立しながら勉強するなど時間がない人でも学びやすく、在学期間についても、3ヶ月程度から短期的なものは半年、1年などと様々なものがあります。

・通信講座です。通学そのものが難しい場合には、自宅にいながらテキストやDVDなどと使って学ぶことが出来る通信講座もあります。忙しい人にとっては自分のペースで学ぶことが出来るというk十が最大のメリットとなっています。しかし、自分ひとりで勉強するので強い意志が必要になり、通学制の学校とは違って実習の時間などがないので、自分で練習する時間を作る必要があります。

ヘアメイクアーティストを目指している場合には、美容専門学校やヘアメイクの専門学校に入って、スタイリングやメイクの基本を身につけることがお勧めできます。プロになった場合でも現場では性別や年齢さまざまなお客さまを相手にして、様々な状態に対応してヘアメイクを行っていく必要があります。

また、プロダクションや企業を目指している場合には、専門学校の卒業者のみを採用するケースも多いので、専門学校で学ぶことにより、その先も有利になると言えます。今の時代は、夢を持っている人も、色々な経験をする中で夢が違うものになるという人も多いと思います。

実際に学校では学ぶことが出来ない経験をすることにより、社会に出て夢が見つかるという人も多く、憧れなどが夢に繋がる事も多いと思います。何より大切なことは無理なく学ぶことが出来る環境で学ぶことにより、夢に向かって走って行くことが出来ると思います。

夢を現実にする方法は、何より、周りが決めて後悔に繋がってしまうよりも、自分でその道を進んでいく事が一番重要になってきます。今の時代は、資格が必要と言われていますが、何になりなさいという両親も多いようです。しかし、大事なことは、子供がなりたい夢に向かって進んでいけるように応援する事だと私は感じます。